キャラクターが可愛い

クレジットカードのセキュリティーコードとは

クレジットカードのセキュリティコードを皆さんは、ご存知ですか?
まず、セキュリティコードがどこに記載されているのかというとカードの裏面に署名を記入する欄がありますよね。
その記入する横に4桁の数字があります。

それがセキュリティコードです。
この4桁の数字は、カード会社によって異なりますが大体裏面の署名の欄にあります。
次にどんな役割をしているのか説明します。

クレジットカードを持ち歩いていない時や盗難・紛失の時に不正されにくい番号です。
では、どんな時に役に立つのでしょうか?
今、インターネットでどんどん情報が流れています。

インターネットを通じてクレジットカードの顧客情報が流れたりしている場合があります。
このような状況からカード情報が流出しても架空請求や他人に情報が漏れにくくなります。
その他には、どんなときに役に立つか紹介していきます。

通販などのオンラインショッピングで、クレジットカード会社によって確認が行われます。
その確認を行うことにより、不正な利用をされていないと認識します。
それを行うことによって、正当な取引をされたとカード会社が担保します。

しかし、問題点もあります。
カードの磁気データの情報が読み取られることです。
これをスキミングと言います。
このスキミングが行われてしまったら不正利用が防ぐことができないと言われています。

このページの先頭へ