キャラクターが可愛い

クレジット会社と銀行系の違い

クレジット会社と銀行の違いについて、解説します。
銀行もクレジット会社も個人に対して、融資を行っていることはご存じですか?
しかし、この2つは異なる法律から成り立っています。

銀行では、銀行法です。
クレジット会社では、割賦販売法が適用されています。
似ているようで、実は違うことはここでお気づきになったと思います。

その次に総量規制についてですが、適用されるのはクレジットカード会社のキャッシングと消費者金融ですがここでは消費者金融については省きます。
この総量規制は、年収の3分の1までしか借りられません。
また、銀行の個人向け融資についても必ず年収の3分の1以上借りられるとは、限りません。

クレジット会社と銀行では、どちらの審査が厳しいのかお分かりですか?
銀行での審査がやはり一番厳しいと思います。
なぜ、厳しいのかと言いますと、金融庁検査などの調査が入るからだと思います。

その調査によって借りた側に罰則がくだるのではなく貸した側に罰則が課せられます。
次にクレジット会社の仕組みですが、使った分を立て替えて後払いという形で請求されます。
また、クレジットカードはショッピングにも使えてキャッシングもできるカードがここ最近増えてきていますが利子が高いので借りる額を少なくしておいたほうがいいと思います。

このページの先頭へ